賃貸物件の選び方【お部屋の向き】

2017年10月29日

こんにちは。DC.21です。


賃貸から売買まで、
麻布十番近辺の物件を幅広く取り扱っております。

今回のブログより、何回かに分けて
皆様から、よくお問い合わせいただくテーマ

 

【賃貸物件の選び方】

 

について、ご案内させていただきます。

 

今回のTipは、
「お部屋の向き」についてです。

 

賃貸物件を探されているお客様の多くは、、
「家賃」と「場所(住所)」については、
明確なご希望、ご要望をお持ちの場合が多いのですが、
「お部屋の向き(方向)」については、
「特に…」「別に…」とおっしゃられる方や、
「陽当たりのよい南向きで」と
おっしゃられる方が多いようです。

 

では、ここで、一般的に人気のある
「南向き」

のお部屋のメリット、デメリットを
見ていきたいと思います。

 

◎南向きのお部屋のメリット

・陽当たりがよい
・明るい
・あたたかい
・洗濯物がよく乾く

 

◎南向きのお部屋のデメリット
・明るさが太陽に左右される
・室温が上昇する
・朝晩の気温の差が大きい

 

陽当たりがよい、という点において、
南向きのお部屋は、やはり一番人気があります。


一般的には、マンションなどの建物は、
南向きにバルコニーを設置している場合が多いので、
方角を知りたいときは、周囲のマンションの
バルコニーの向きを確認すれば、南が分かる、
と言われているほどです。

 

メリットは、もちろん陽当たりが良いこと。
昼間の在宅時間が長い方にとって、
明るいお部屋は有り難い条件ですよね。
また、冬場などは、陽当たりが良いと、
昼間の室内温度の上昇につながりますので、
暖房費の節約にもつながると言えるでしょう。

 

しかし、お仕事などで昼間の在宅時間が短い場合、
陽当たりが良く、部屋が明るい、といった
南向きのメリットを感じる機会は少なくなります。
むしろ、夏場などは、
南向きだと室内の温度が非常に高くなるという
デメリットがあります。


特に、ペットを飼われていて、
昼間にペットだけでお留守番をさせる場合、
夏場の室温の上昇には注意が必要になります。

 

つまり、お部屋の向きを決めるポイントは、

 

・昼間の在宅時間が長いかどうか
・夏と冬、どちらの対策を重視するのか

 

になると言えるでしょう。

 

世間全体が「南向き」を重要視するから、
南向きの物件を探そう、ではなく、
自分自身の生活スタイルに合わせて
お部屋の方向を考えてみてはいかがでしょうか?

 

南向きの物件、北向きの物件、
採光重視の角部屋の物件など、
生活スタイルにあったいろいろな物件がございます。
物件探しで迷われたら、

南北線 麻布十番駅 エレベータ‐直結の


(株)DC.21 0120-6565-20

 

まで、お気軽にお電話、ご来店ください。
お待ちしております♪

 

 

 

 

 

 

南窓