賃貸物件の選び方【電気?orガス?】

2017年11月18日

こんにちは。DC.21です。
賃貸から売買まで、
麻布十番近辺の物件を幅広く取り扱っております。

 

お待たせいたしました。
【賃貸物件の選び方】の第2弾。

 

今回のTipは、
「オール電化?orガス?」についてです。

 

物件選びの際に、
ガス利用かオール電化かで迷われたことは
ないでしょうか?
それぞれ、一長一短,メリットとデメリットがあります。
今回は、ガス利用とオール電化の
メリット、デメリットについてご説明いたします。

 

<オール電化>

 

キッチンのコンロや給湯器まで、
すべて電気でまかなう「オール電化」物件。
そのメリットは、何と言っても「安全性」です。
ガス漏れやガス爆発、さらに調理中の引火などの
心配がないのは電気ならではですよね。
特に、お子様やご年配の方が調理される際には、
ガスよりも電気の方が安全です。

 

また、電気代だけの支払いで済むので、
使用料金の管理がしやすいのもメリットの一つ。
家計管理の手間も省けますよね。

 

そんな安全で便利なオール電化ですが、
もちろんデメリットもあります。
まず、給湯などはガスよりも料金が高めになります。
また、浴室乾燥や床暖房なども、
ガスに比べるとパワー不足が気になるかもしれません。

 

さらに、非常時などで停電になると、
明かりだけでなく、コンロも給湯も
何もかも使えなくなるというデメリットも。

 

コストパフォーマンスなどよりも、
安全性を何より重視したい!という方には
オール電化の物件がおすすめです。

 

<ガス利用>

 

物件の数でみると、オール電化よりも
ガス利用の方が多いので、
ガスのメリット、デメリットについては
今さら述べるまでもないかもしれませんね。

 

ガスの一番のメリットは、そのパワー。
調理用のコンロの強火は言うまでもなく、
浴室乾燥や床暖房なども、とてもパワフルです。

 

また、コストパフォーマンスが良いのも
ガスのメリットの一つ。
日々の使用料金だけでなく、ガスコンロだと
どのような調理器具でも使えるので、
わざわざお鍋などを買い直す必要がありません。
中華鍋をあおって作る炒飯などは、
ガスコンロならでは、ですよね。

 

ただし、安全面で心配なことがあるのも事実です。

ガス漏れやガス爆発だけでなく、
調理中の油や衣服への引火事故も心配ですよね。
小さなお子様やご年配の方が調理される際には、
その心配が常につきまといます。

 

使用時の心配よりも、
パワーやコストパフォーマンスを重視され、
強火調理が欠かせない!という方には、
ガスの利用がおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか?
オール電化、ガス利用、
それぞれにメリット、デメリットがあります。
これまで、何となくガスと電気を
選ばれていた方もいらっしゃるかもしれませんが、
家族構成やライフスタイルに合わせて、
物件探しの条件の一つとして
積極的に考えてみられてはいかがでしょうか?

 

DC.21では、オール電化物件もガス利用物件も、
いろいろな物件をご紹介させていただいております。
賃貸、売買物件をお探しの方は、

お気軽に

 

DC.21 

0120-65-6520

 

までお電話ください。